勝てる競馬書籍全集

Read Article

節約上手な主婦がヒミツとしております…。

馬券裁判“本人”が初めて明かす! 「馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─」

馬券裁判“本人”が初めて明かす! 「馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─」

  • 価格(新品) : 1,620円~
  • 価格(中古) : 2,192円
  • 在庫 :
  • 新品 : 1点
  • 中古品 : 3点
  • セールスランク : 288位
  • 発売元 : メタモル出版
  • ASIN : 4895958809

馬券裁判“本人”が初めて明かす! 「馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─」

馬券裁判“本人”が初めて明かす! 「馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─」

販売価格 : 1,620円~

【この商品の詳細はこちら】

商品の説明

内容紹介

(本書「はじめに」より抜粋)

 

私は、2007年から2009年の3年間で馬券で得た所得を申告せず、単純無申告の罪で刑事裁判にかけられました。3年間で私が馬券で得た利益は約1億4千万円でしたが、それに対する課税額は約5億7千万円という異常な金額でした。課税額が実際に得た利益の4倍にもなっているのは、馬券の払戻金の合計額のうち、的中した買い目の購入額しか控除されない計算だったからです。

 

刑事裁判において、私は、競馬で得た所得を申告しなかった点については認めていましたが、課税額については、外れた買い目の購入額も控除されるべきだと主張しました。そして、地裁、高裁、最高裁のすべてにおいて、私の主張の通り、外れ馬券が経費として認められるとの判決が出されました。その結果、課税額は大幅に減額されることになりました。

 

しかしながら、私が馬券で得た利益のうちの約半分はリーマンショックの際に投資信託での損失として消えてしまっており、また裁判費用も必要だったため、本税に相当する金額分はすでに納付済みですが、無申告加算税と延滞税に相当する金額分については、すぐには納付できない状況です。そこで、少しでも納税資金に充てたいという思いから、本書を執筆しようと考えました。

 

第1章では、私の競馬歴について。

第2章では、裁判に興味がある方向けに、国税局の査察を受けてから最高裁に至るまでの経緯について。

第3章では、私の馬券の購入方法に興味がある方向けに、私がどのようなツールを用いて日々どのように馬券を購入していたかについて。

第4章では、馬券でプラス収支を目指している方向けに、過去データをどのように分析すればプラス収支が達成できるのかについて。

第5章では、馬券で億万長者を目指している方向けに、競馬資金を短期間に大きく、しかもできるだけ安定して増加させていくためのコツについて書きたいと思います。

 

本書は、さまざまな読者の方を想定して、できるだけたくさんの読者の方に満足していただけるような内容にすることを目標にして執筆しました。

中央競馬と地方競馬は毎週どこかで開催されています、ハイブリッド競馬では各地で発売されている競馬新聞と予想を比較し結果を検証するハイブリット競馬予想を展開

PR競馬予想
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)